売買シグナル型システムについて

売買シグナル型システムとは、テクニカル指標を用いて作成した売買ルールの条件に合ったときにサインを出すタイプやチャート形状を自動で検出してサインを出すタイプなどのシステムを指します。

すでにトレードルールを確立している方が、トレードの精度を上げるために利用したり、初心者の方がトレードの勉強をするのに向いています。
自動売買はサインに従うのみなので、投資力が上がらないというデメリットがありますが、売買シグナル型システムは、実際にトレードするので、投資力の向上が望めます。

当サイトでは、マネーパートナーズマネーパートナーズのHyperSpeed NEXTとOANDA Japanなどで利用できるオートチャーティストが、最もトレードに活かせると判断したので、この2つのシステムを紹介したいと思います。

マネーパートナーズ HyperSpeed NEXT

マネーパートナーズ

マネーパートナーズのHyperSpeed NEXTは、23種類のテクニカル指標を使って、売買ルールを作成することができます。売買ルールを組み合わせることにより、オリジナルのストラテジを構築することが可能です。
パラメータを自由に設定できるだけでなく、すべての設定条件を満たしたとき(AND条件)に売買シグナルを表示させたり、逆にどれかひとつの条件が満たされたとき(OR条件)に売買シグナル表示させるなど自由度の高さも評価しています。

バックテストで検証可能

過去のチャートの動きで構築したストラテジーを検証するバックテストを行うことができます。検証結果を見ながらパラメーターを変更し、バックテストを繰り返していくことにより、自分に合った完成度の高いストラテジーを構築することが可能です。

売買シグナルをポップアップ表示

完成したストラテジをチャートに反映させることで過去の売買タイミングが分かるだけでなく、リアルタイムレートでの売買シグナルをチャート上にポップアップ表示できます。取引チャンスを逃さずに自分で作成したストラテジーに基づいての売買を行うことができるので、トレードの役に立つはずです。

オートチャーティスト

オートチャーティスト画像

オートチャーティストとは、トレンドの転換時や値動きの節目などによく現われるチャートパターンやフィボナッチパターンのほか、キーレベルやボラティリティを自動で検出し、トレード機会を知らせてくれるツールです。
完成されたチャートパターンだけでなく、数分以内にパターンが形成されそうなチャートも検出したり、チャート分析に基いた目標価格の予測も可能です。
チャートパターンの信頼度も表示してくれるので、裁量トレードをする方や初心者の方の勉強にも役に立つはずです。無駄なエントリーを減らすために利用する方も多いです。

オートチャーティストが使えるおすすめFX会社

オートチャーティストを使える会社はいくつかありますが、無料で利用でき、MT4にも表示できるOANDA Japanがおすすめです。
約定拒否なし・再クォートなしの約定力の高さや他社よりも狭いスプレッドでトレードができるMT4口座が高く評価されています。

このページの先頭へ